兼業トレーダーに戻った人の日記

脱サラ専業トレーダーから、兼業トレーダーに戻った変なやつの日記です

実は、ネットカフェ難民よりも生活費安い?

ミニマリストっていわれるとそうだし、無駄なことがそんなに好きでないので、

無駄を省いての生活になっていくと、いつの間にかローコスト化されてる件。

 

ざっくり調べると、

ネットカフェ難民って人たちは10万~のコストが毎月掛かるらしい。

1泊3,000円でも30日なら9万円だし、そこに水道光熱費が含まれてるとしても、

実は割高なんじゃね?

なんて思える。

他のデメリットに、人大勢が周りにいるし、住所がなかったりとかも有るだろうし。

 

で、現状の感じでも書いてみると・・・

・家賃 25,000円

・電気代 平均3,000円

・ガス代(都市ガス) 平均1,500円

・水道代(1ヶ月相当額) 1,500円

・ネット代  0円(1年間限定 楽天ひかりのキャンペーン)

・ケータイ代 0円(1年間限定 楽天モバイルなので)

ここまでが、住宅の維持費的なもんで、総額31,000円程度

 

その他かかってるコスト

・食費、細々した消耗品 15,000円くらい

・散髪代 1,200円

くらいかと。

 

なので、全部ひっくるめても5万円程度

う~ん、ネットカフェ難民よりも、余裕で生活費安いと思う。

 

ただ、これを実現するには色々条件も有って、

そこそこ都会ぐらし前提、独身、車を持たないという前提あり。

 

まず、田舎だと、車必須になるのと、なんだかんだインフラを維持するのに高くなる。

車がないと生活できないような環境なら、車の維持費だけで成り立たない。

それから、インフラの維持も、プロパンガスになると高くなるし、

田舎の場合、水道代も高く付く可能背性が有る。

下水道の有無、浄化槽の有無によりけりで。

電気代はたぶんそんなに変わらないと思う。

 

そうすると、このレベルならば、

年間でも60万円程度のコストしかかかってない。

 

逆に、この水準をベースにしての生活ならば、年収200万円だとしても、

年に140万は貯まるわけだし、そんなのでも10年あれば1,000万円以上貯まる。

 

そうなると、あたしの本業であるトレーダー稼業、というか投資家的になると、

元本が1,000万円からスタートならば、もはや相当楽ができる計算になる。

年利10%で100万稼げたら、それだけで生活費まかなえるわけだし。

 

ということで、客観的にみたら、今の時代結構ローコストに生き延びれるから、

やたらマスコミが取り上げてる生活困窮者だったりの報道は、

どこまでホントなのか、いささか懐疑的な印象。

なんか、最近も有ったっけか?

女子大生かなんかが、「ケータイ代12,000円払ってて生理用品が買えない。」

とかっていう馬鹿なやつ。

 

まぁ、でも、そういう馬鹿な奴が大勢いるから世の中回ってるフシも有るんで、

完全にいなくなってしまったらこまるから、現状維持な世の中のまんま、

網目かいくぐって、使えるものを片っ端から使って、ゆる~く生きてたらいいと思う。